女性として必ず知っておくべきテーブルマナーの基本♡

ph01

ホテルの高級ディナーやパーティーなどへ行って、マナーが分からなくて困ってしまった・・・なんて経験はありませんか?

お箸の文化で育った私たちにとって、洋食のテーブルマナーを完璧に身につけるのはなかなか大変なこと。

でも、せっかくドレスアップして、メイクもヘアもばっちりなのに、肝心のテーブルマナーができていなければラグジュアリーな雰囲気も台無しに。あなた自身の価値までもが半減しかねません。

マナーは単に自分のためではなく、周りの人に心地よく過ごしてもらうためにあるもの♡

出来る女性はそれを常に意識しています!

大切な場で恥をかかないためにも、基本中の基本だけはマスターしましょう♡

 

実は簡単!ナイフとフォークの使い方

en_manner1

コース料理のときにいつも目にする、ずらりと並べられたフォークやナイフ・スプーン。
どれから順番に使えば良いのか迷ってしまうけれど、ルールはとっても簡単。

単純に外側から順に使いましょう!

一番右端のスプーンでスープを、そしてフォークとナイフでオードブルを、次のフォークとナイフとスプーンで魚料理、最後のひと組でお肉料理をいただきます。

 

グラスによって用途は異なる

glass-264438_640

テーブルの上には大きさや形の異なるグラスが並べられています。
全てワイングラスに見えますが、実はそれぞれにきちんと用途があります。

左端にある一番大きなグラスはゴブレットという、お水を飲むためのグラス。

その隣は赤ワイン用のグラス、さらにその隣の小さめのグラスは白ワイン用。
細長いグラスはシャンパンを飲む際のグラスです♡

 

女性らしく上品な食べ方

c6aff9625c9fdb1783c49c13ee806775

料理を食べる際も同様にマナーがあります。

スープをいただく際は、基本的にスプーンを使って手前から奥に向かってすくいましょう。
もし、持ち手のついたタイプのカップであれば、そのまま手にとって口に運んでも大丈夫。
音を立ててすすったり、フーフーするのはマナー違反です。

お肉料理をいただく際には、初めから一気に切り分けてしまうのは絶対NG。
左端からひと口ずつ切って食べましょう。

10テーブルマナー-137

 

これだけは知っておきたいプラスマナー

基本的に、席に着いたらデザートまでの間、中座をすることはマナー違反になりますが、どうしても何らかの理由で席を立つ際には、フォークとナイフをハの字に置いていきます。

DSC_0009-6c3f0

フォークは背を上に、ナイフは刃を内側にするのが基本。これが「まだ食事中ですよ」というサインになります。

また、ナプキンはたたまずくしゃっとした状態で椅子の上に置き、席を立ちます。

食べ終わったらフォークは背を下に、ナイフは刃を内側にして斜めに揃えておきます。

DSC_0006-68716

もし、フォークやナイフ、ナプキンなどを床に落としてしまったときは、基本的に自分では取らずに、お店の人を呼んで、新しいものを持ってきてもらいましょう。

食後に使い終わったナプキンをテーブルに置く際は、綺麗にたたんでしまうと「食事がおいしくなかった」というサインになってしまうので、ラフに折りたたむのがベター。

 

いかがでしたか?

テーブルマナーをマスターして、お料理も雰囲気も会話も全部楽しんでくださいね♡

 

〜あなたの本当の恋を見つけよう♡今すぐチェック

2015-10-26 | Posted in 自分磨き

関連記事