食べる美容液?はちみつで美味しく美肌を手に入れる♡

はちみつの何がいいの?

02dad070bd8b5e962f5d3f192eda24ab

はちみつに含まれている成分について調べてみると、肌にも体にも良いと言われる成分が、約190種類も含まれているそうです。

・天然のビタミン
・ミネラル(カリウム・カルシウム・鉄・銅・マンガン・ナトリウム・マグネシウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸など)
・アミノ酸
・有機酸
・酵素
・たんぱく質

など…挙げだしたらキリがありません。

美肌ビタミンで知られるビタミンB群が豊富なので、肉体疲労や肌荒れにも効果的。
さらにはビタミンCも豊富なので、はちみつは美肌作りにまさに最適な食べ物だと言われています。

しかも、むくみを改善してデトックス効果があるとされるカリウムや、便秘解消に効果的なオリゴ糖も豊富。
ほかにも、虫歯予防や骨を丈夫にするカルシウム、貧血を防止して血色の良い肌を作る銅や鉄分が豊富です。

 

はちみつをダイエットに!?

c2601483d37cb0bb341fd329df1bbf70

はちみつの主成分は、ブドウ糖・果糖・オリゴ糖によるもの。

果糖やブドウ糖は、「もうこれ以上分解する必要のない」単糖類という糖類で、摂取されるとすぐに体内に吸収されて、血液によって身体の中に届けられ、すぐにエネルギーになってくれます。

オリゴ糖は、便秘の味方で、腸の善玉菌を増やす作用があります。

しかも、はちみつのカロリーは、白砂糖と比べると約3分の2程度。はちみつは100gで294キロカロリーなのに対して、白砂糖は100gで384キロカロリー。

つまり、はちみつはエネルギーとして消費されやすく、腸の善玉菌も増やし、かつカロリーが白砂糖より少なく、甘みが強いというメリットが!まずは今使っているお砂糖をはちみつに変えてみてはいかがですか?

 

『はちみつパック』で美肌ケア

93c53fe529e0b5999c67b497fb68b4e7

やり方は至って簡単で、はちみつを直接、または少量のお湯で溶いて、顔に3~10分ほどパックして洗い流すだけ。

はちみつには、強力な保湿効果があるうえ、はちみつに含まれているビタミンB群はエネルギー代謝を良くしたり、肌荒れを整える作用があります。

さらに、はちみつは水分量が約20%とかなり低く、空気中の湿度を吸い込む吸湿性があるので、肌の水分を逃がさず、空気中からも水分を肌へ集めることで、肌の保湿効果が高まります。

 

はちみつクレンジング

1314ba4ce4346b70f35a84c9a066c15d

はちみつには、アンチエイジングに効果的な抗酸化作用、ニキビやピーリングなどに効果的な殺菌作用、肌荒れなどに効果を発揮する消炎作用、お肌をしっとりさせる保湿作用など様々な効果があります。

はちみつクレンジングの方法は、ポイントメイクをオフした後に、オリーブオイルとはちみつを2:1で混ぜて、くるくるとお肌をマッサージするだけ。オリーブオイルだけだと強すぎて肌を痛めてしまいがちだけど、はちみつを入れることでしっとりと仕上がります。

 

ビタミン・ミネラルも豊富なので、唇に塗ってリップ替わりにしたり、シャンプーに混ぜてツヤ髪キープに使ったり、入浴剤替わりにしたり・・・活用方法は本当にたくさんあります!

保湿や殺菌作用、抗酸化作用などもあるので、アンチエイジング対策にも抜群の効果を発揮しますし、もちろんお料理に活用しても効果は抜群。

 

健康的に綺麗を手に入れられるはちみつ♡
ぜひいろいろと活用してみてください。

 

〜あなたの本当の恋を見つけよう♡今すぐチェック

2015-11-02 | Posted in 自分磨き

関連記事